デジタル簡易無線では秘話コード27144を活用しよう!

ビジネスユースの局と共存して利用しているデジタル簡易無線。ビジネス局への配慮と同じ趣味を楽しむ合言葉としてFLRMではデジタル簡易無線でひ秘話コード27144の活用を呼びかけています!

秘話コードを公表したら秘話の意味がいないという意見があるようですが、秘匿性を目的に秘話コードを設定しているわけではないため、27144というコードを使うことを明確に相手局に伝えることも大切です。

詳しくは以下の動画で確認してください!

デジタル簡易無線では秘話コード27144を活用しよう!” への6件のフィードバック

  1. いろんな意見もあると思いますが、私は、秘話設定に疑問を持っております。
    業務局への配慮が、秘話設定というのも一理はあるのでしょうが、簡易業務無線という性格を業務で使用してる方々にも理解してもらうためにも、私たちがフリーライセンスを楽しんでるのを聞いていただくのも必要だと思います。趣旨が違う局たちが共用してるということを公にすることの方が、将来的には好結果を得ると思います。
    フリーライセンス無線を楽しむ局を、これ以上に増やしたくないとか、業務局からは、フリーライセンス無線を楽しむ方を方を出させないとか・・・あれば別問題ですけれども。
    秘話設定は、公にできない内容の交信時のみに使用するべきだと思います。
    あくまでも、個人的な意見です。

    1. コメントありがとうございます。FLRMの呼び掛けであって決まりやルールではありませんので、
      おっしゃるように個人個人の考えで運用すればよいと思います。

  2. 業務、ホビー局両方ガラガラなのは、多分…みんな秘話コード設定して喋ってるからだろう(涙)

  3. ピンバック: デジ簡では秘話コードを使えば、ホビー局も業務局を気にせずに交信ができる! | アマチュア無線技士資格取得&おもしろ無線受信

  4. デジ簡通信で秘話設定して使用しても、キャリアでの混信は避けられませんし、逆に当該CHが使用されているのが他人(一般人)に理解できなくなり、混信を増加させるだけの状態になります。
    フリラー以外の多くの人は、ビジーランプなんて見ませんし、アンテナマークだって見ません。
    だいたい腰につけているとかポケットの中とかで、そのCHでスムーズに話ができるかできないか だけでCHを決めますから。
    元々登録局(簡易無線局)に「本格的な業務使用」を認める事自体に問題の発端がある事を「管」が理解すべしです。業務使用は「免許局」だけとすれば良いのです!
    まあ基本的に現状 無法地帯の様な「簡易無線局」ですから、どう使ってもOKなのですが。。。

  5. ピンバック: デジ簡では秘話コードを使えば、ホビー局も業務局を気にせずに交信ができる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です